2020年度第Ⅲ期展「旅―巡り合い」


 会期
2020年9月17日(木) ~ 2020年12月25日(金)
 時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)


白夜・習作(リトグラフ)

魁夷は自分の芸術世界の深みを追求するため,日本と西洋を行き来する旅を重ね,旅の中での「巡り合い」を制作につなげました。人生は旅である―と語るように,魁夷にとって「旅」は制作に外せないものであり,日常を断ち切り,本来の自分を取り戻すような特別なものでもありました。

故郷にいるような安らぎを覚えた北欧の旅,心の拠り所となったドイツの古い町並み,唐招提寺御影堂障壁画制作のため,鑑真和上の故郷を求めた中国取材旅行など。

異国の旅に注目し,旅の巡り合いの中で生まれた名作・肉筆のスケッチを紹介します。


R163黄山雨収
黄山雨収(木版画)
R199碧湖
碧湖(リトグラフ)
R083夕べの町
夕べの町(オリジナル木版画)

掲載(最終更新 : 2020年9月 8日)

中津川市東山魁夷心の旅路館
〒508-0501 岐阜県中津川市山口1番地15 メールによるお問い合わせ(中津川市文化振興課あて)
電話 0573-75-5222 ファックス 0573-75-5225